アフィリエイトと結婚の関係性

アフィリエイトをきちんとした仕事として行っている人の中には、結婚問題で悩んでいる人が多いと言われます。まず、毎日家の中で一人で働いている要では異性との出会いがありませんし、恋人(恋人候補)にアフィリエイターという職業をよく理解してもらえずに苦しむ傾向です。

そんな中、うまく婚活を成就させるための工夫・テクニックなどをご紹介します。

アフィリエイターと異性との出会い

他に副業を一切行っていないプロのアフィリエイターは、一部の儲かっている人を除いて、毎日朝から晩までパソコンの前に座っている生活をおくる人が大半といわれます。また、ライバルが多いジャンルにおいては、作業をまったく休めないために週末や大型連休中も休まずに働いている人も数多く存在する状態です。

しかし、忙しくてどこにも遊びに行けないような状態がずっと続いているようでは、異性との出会いのチャンスがまったくないまま、年を重ねていく事になります。そうして適齢期を逃してしまうと、結婚できないまま老後を向かえる事になってしまう可能性があるため、危険です。

そんな中、おすすめであるのは、アフィリエイトだけで収入を稼ごうとするのではなく、外で働く時間も設けるというライフスタイルです。外で従業員としてバイトをする場合はアフィリエイト集が不安定でも安定した収入が得られますし、職場によっては同じく適齢期の異性と出会うチャンスが大いにあります。

外でも働くとしたらどんな職場がいいか?

アフィリエイターとして家で働く一方、婚活として外でも働く場合は一体どのような職種を選んだら良いのでしょうか。例えば、工場内などで各自がそれぞれの机に座り、互いがコミュニケーションをとらずに働くような職場で短時間働く形では、働きに出る意味がありません。

逆に、働く上でコミュニケーションをうまく取り合いながら仕事をする必然性がある職場であれば、親睦が深まりやすく休憩中も気になる人に話しかけやすいのでおすすめです。例えば若い人達をターゲットにしていて、働いている人も若い人ばかりの飲食店とは、婚活をする中での職場として絶好の存在といえます。

飲食店とは、顧客に少しでも早く美味しい料理を届けるためにスタッフ達は協力し合いながら日々尽力しており、他のスタッフに気軽に声をかけやすい職場です。休憩時間にタイミング良くスタッフルームで気になる異性と2人きりになれたような場合は、デートに誘わなくても一気に距離を縮める事が出来るチャンスといえます。

マッチング(お見合い)サービスやお見合いパーティーを利用して結婚相手を探すという手もある

アフィリエイト業がどうしても忙しくて外で働けない状況下でも、適齢期であるうちになんとか結婚したい場合は、別の方法も存在します。例えば現代では街の結婚相談所に登録しなくても、ネット上のマッチングサービスに登録して条件を絞り込む事で、意外と簡単に自分に合う異性が見つかります。

外でバイトをしたとしても、そんなにうまい具合に理想の相手と出会えるのか、という点に疑問を感じる場合に関しても、こういったサービスはおすすめです。また、1対1のお見合いとは違うお見合いパーティー(婚活パーティー)or街コンというものも、選択肢がたくさんあるという意味では注目のサービスといえるでしょう。

恋人・フィアンセに理解してもらう方法

アフィリエイターという新種の職業を自称している場合、うまく説明しないと、引きこもり・ニートに近い人だと思われてなかなか恋人ができない可能性もあります。

そのため、確定申告など各書類の職業欄に普段「アフィリエイター」と書いている場合でも、恋人探し・結婚相手探しをしている間は別の職業を自称するほうが得策です。例えば自分でサイトを作って運営している形態は音楽分野のシンガーソングライターに近いため、今では一般的職業となっているWEBデザイナーを自称形を推奨します。

また、自分でグラフィックソフトを駆使して自分のサイトに使う画像を手掛けている場合はグラフィックデザイナーとしての能力もある事をアピールするのも良いでしょう。ただし、やはり個人事業主として働いている形では、いまいち理解してもらえず、交際話・結婚話が破談となる恐れもあります。

そのため、婚活開始を機に個人会社を設立し、実業家・クリエイター扱いしてもらえるようにするのも一つの手です。

収入が不安定である事を指摘されたらどうするか?

例えば男性アフィリエイターが女性と結婚する場合、結婚後に女性側が専業主婦になるとすると、堅実な脳を持つ女性からは収入の安定性を問われる可能性があります。特に相手にアフィリエイトに挑戦したものの上手くいかなかった歴史がある場合は、様々な事を問い詰められるかもしれません。

その場合、付加価値が高くて滞在時間が長いサイトであれば、個人が運営しているようなサイトでも恒久的にサーチエンジン上位を狙える時代である事を伝えてみてください。また、自分が運営しているサイトのテーマとなっている分野・業界に関して、毎日知識を深める努力をしている姿を見せて、相手に信頼してもらえるようにしましょう。

その他、アクセス解析画面を見せてリピーターの多さを確認してもらったり、サイト運営を通じて生まれた業界内の幅広い人脈をおしえる事も安心感・信頼感につながるはずです。


貯蓄額も重要

コンテンツが素晴らしいサイトは小規模でも生き残っていける事を理解してもらえない場合は、貯蓄額の多さが結婚の決め手になる可能性があります。逆に言うと、アフィリエイトを生業にしている場合、貯蓄額の少なさが原因で結婚が破談となる事もあるかもしれません。

そのため、アフィリエイトで成功しても無駄遣いをすることなく、理想の相手と無事に結婚ができるようにコツコツと貯めていくライフスタイルをおすすめします。(関連リンク|アフィリエイト代理店

時間の節約になる!アフィリエイトで必要な記事は外注しましょう

転職しても結婚生活においてアフィリエイト収入は大きな収入源となる

アフィリエイトの良いところは、一度コンテンツを作って成功したら、あとは何もしなくても不労所得を稼げるという点です。もし相手の親がアフィリエイターという職種を理解してもらえず、一般企業等に転職する事になったとしても、付加価値が高ければ半永久的に稼げます。

そのため、アフィリエイターを辞めるとしても決してサイトを閉鎖してはなりません。サイトを維持して土日の空いた時間を利用して地道に発展させていけば、活動が週末に制限されたとしても十分運営の継続は可能です。そして、それが生活費や住宅ローン・子供の学費を払っていく中で大きな役割を果たす可能性があります。

もし運営に時間がかかる関係でどうしても継続が厳しい場合は、閉鎖ではなくサイトM&Aサービスを介してサイトを売却するほうが得策といえます。なぜなら、サイトの完成度・価値によっては、潤沢な資金をもつ大企業との話がまとまった場合、1000万円・1億円を超えるような価格で売れる可能性があるからです。